ストレスがかかると汗をかく体質に悩む日々

暑い夏とか運動後に汗が出るのは当然なのですが、自分はストレスがかかると汗をかくのです。特に仕事での打ち合わせの時です。空気が張り詰めている中で、自分自身がしゃべる時が押し迫ってくると、徐々に手に汗がにじみ出てくることがあります。上手くできていて自信のある時には手に汗をかいていたとしても、不安感はなく自然と汗も収まっていきます。でも、いまいち自信がない時などは、汗が気になってしまい、なおさら汗が出てきてしまいます。周囲に気付かれないように平然をつくろうと逆効果で、運動した後にかくさらっとした水みたいな汗じゃなくジトジトした汗になってきます。ひどい時には冷たい汗が脇下から流れるのを感じることもあります。気持ちの持ちようだと思うのですけど、それを意識すると会議の日には起き抜けから不安を抱いてしまいます。自身の性格だと考えて、上手に付き合っていこうと思っています。
自分は小学校を卒業した頃から腋臭に悩んでいました。中学の同級生からは匂いがキツいとよくからかわれていました。高校生になってからは制汗スプレーを使い何とかバレないようにしていました。脇のニオイがあるのはとても辛かったです。就職後もいろんなデオドラントを使用し何とか臭いが出ないようにしていました。朝の着替えの時に固形のデオドラント剤をつけて、毎日それを使って過ごしていました。しかし、離職してバイトをしていたとき、バイト仲間に「キミ、ワキガだよ」と言われショックで悩みました。時間的余裕はあったので、病院に向かい腋臭手術をやることにしました。金額は10万円程でした。まずワキガ検査をして「耳あかはウェットタイプ?」と先生に尋ねられ、「しっとりしています」と返事をしました。そうしてわきが手術が決定し、1週間程度入院して腋臭の手術を受けました。わきが手術は一日目に受け、後は経過の後、ひたすら抜糸待ちです。糸を抜いてもらい痛みも殆どなくなり腋臭手術はおしまいです。脇の臭いは全く無くなって大成功です。ホントにワキガ手術をして長年の悩みも消えて快適な日々になりました。
私の夫は年上で30代後半です。出会ったのはおおよそ8年くらい前です。初めの頃は全くなかったのですが、この1~2年仕事から帰ってきた旦那の脇が何となく臭いのです。夕飯を食べくつろいでいる夫の近くにいくと、プ~ンと、”ミンチ天”のようなニオイがするのです。ミンチ天と言っても九州にいる人にしかさっぱりわからないでしょうが、魚のすり身と玉ネギのコロッケみたいなもの。「ん?まさか加齢臭?そうね30代後半だから、仕方がないよねぇ」と思っています。ほかはそれ程臭わない、ていうかほぼ臭いがしません。それが、そのニオイが、臭いだけにおさまらず肌着にまで及んでしまったのです。所謂、脇汗のしみ。すぐに洗濯をするのに脇のところが黄色い!これにはビックリです。あたしには経験したことがありませんでした。「よほど濃厚な汗をかいているのね、そりゃにおうよね」と納得できました。時たま外回りの仕事もあるので忙しかったのかなぁと思いながら、そのシャツの処分に悩む今日この頃。臭いが鼻で感じるだけじゃなく視覚にまで広がる。脇に限りとてつもない臭いがする私の夫です。
基本的に汗をかきやすく、プレゼンなど緊張するような事がたくさんあるので汗が臭っていないかと気がかりでした。私が通う学校まで最寄りの駅から歩いて30分くらいですから、一年中自分は汗だくになってしまいます。そうなると汗臭が気になります。自分自身では感じられない時知人に汗臭いと言われたりすることもあってデオドラント剤でケアするようにしていますが、正直好きではないためやらなかったらどうしても周りに迷惑が掛かっているみたいです。現在自分が汗くさい臭いの対策で実行しているのは、お肉の摂取量を少なくして、発汗したらすぐにぬぐい、吸湿性の高いインナーや洋服を着るようにしています。それによって、時々自分の汗のにおいが気がかりだったのですが、そんなに感じなくなったのです。しかしはじめにお友達に指摘されたとき自分のカラダのニオイの事はわからなかったので人に迷惑がかからないようにしなきゃなと思ったのです。冬の時期は夏場より重ね着をしたり、ブーツファッションになることが多くなるので気を使わないといけないと思います。
私は基本的に代謝が悪い方なので多汗症ではありませんが、精神的に追いつめられると発汗する体質みたいで、そのことについて悩んでいるのです。とりわけ大事な業務の時や、わたくし事だとカレとデートをする前など、気が張り詰めているからなのか、両わきに汗をかいてしまうのです。手間暇かけて準備しているのに、それが気になってなんだかスッキリ出掛けられず、本当に嫌になってしまいます。そんな私自身の脇汗対策を調べてみたのですけど、「いちばんいいのは精神面での心配事を消し去る事」なんて書いてあったのですけど、正直言ってそんなことは知っているのです。感情のコントロールができるんだったら、汗で悩むことも減るんだろうな、とは思いますが、言うほど簡単ではないのです。今のところは自分で緊張しているな、と思ったときは、脇汗を吸収するシートを利用することで、ニオイとか汗のシミが出ないように対処しているのです。けれども、わき汗自体を少なくする事ができれば、もっと楽になるのになぁと考えながら過ごしています。

デオシークの定期コースと解約方法をチェック⇒デオシーク 解約


コメントは受け付けていません。