汗の悩みなんて些細な事だなんて軽々しく考えてはダメ

汗に関する悩みは、介護の時にも影響が出てきます。なぜなら、発疹が出来る原因に汗が関係あるのです。汗って案外気付かない点で、汗をかくと不愉快に感じるという事が分かりにくいという事が多々あります。だけど、通気していないと起こるのが、汗蒸れになります。それは、体の健康を害すばかりじゃなく、汗が原因のストレスという問題をも発生させてしまうのです。なので、汗の悩みなんて些細な事だなんて軽々しく考えてはダメなのです。汗の不快感は、介護の現場でも頭に入れておいてあげたほうが良い問題ではないでしょうか。どれだけ汗の蒸れ、とくに紙おむつや尿取り用パッドを履いているときの汗蒸れが厳しいものだというのは、自分自身が体験してみないと把握できないものであることは仕方がない事なのだと思います。だけど、そんなことを自らやらなくても、汗は気持ち悪いものだということを感じ取って相手の方の嫌な気分をなくすようにあげなくてはなりません。
汗についての悩みでよくあるのが、汗をかきすぎるということです。しかし、汗をかいて当たり前という場合に汗が出ないのも、悩みごとですよね。汗って、デトックス効果もあり、体温の調節などをしてくれるといった良い面もあるのです。ですので、汗が出る事をそこまでイヤがる事はありません。一般的に汗をかくような時に、汗を出さなければ却って病気になってしまう事すらあるのです。だから、正常に汗がかけるようにカラダのコンディションを整えるように努めましょう。例えば、半身浴は体に良い事です。半身浴の際に間違いやすいのは、やたらと温度の高いお湯にして、湯船につかる時間が短い事です。あまりにも高温のお風呂は、体の為にはならないし、そんな風にしていたら汗をしっかりとかくことが出来ません。汗の悩みで、適切に発汗できない場合は、自律神経の乱れが原因かもしれません。妥当な温度の湯船に時間をかけて入り、自律神経の乱れを整えてあげる事で、適切に発汗できるようになるのです。
汗っかきな私は夏の季節が終わるとホッとするのです。けれどもホッとするのも秋限定で、冬になっても再び汗で悩むのです。カフェや買い物で屋内に入ったときに、じんわりと汗が出ます。外にいて冷えていた身体が暖かい屋内に入る事で汗が出て、それがなかなかひいてくれない。当然メイクは崩れるしブーツが蒸れる感じも分かるし、まわりは平然とお買い物を楽しんでいるのに私の場合はタオルを手にして歩いているのでなんとなく恥ずかしいのです。「汗よ、治まれ!」と願っても治まらずアセると余計に汗が出る負のスパイラルに最近は半ばあきらめモードです。どうにかできるなら顔にはかかないようになりたいけれど、体質なので仕方がないのかななんて落ち込んでいます。けれども生まれ持ったものだと思っていましたが、出産前よりも汗をかくようになったと思うのです。それまでは汗が出てきたとしてもあっという間に汗が引いていたと思います。「寒いからといって服を何枚も着ない、汗臭くならないようにキレイにしておく、汗のニオイを気にし過ぎて香りでごまかさない」これはわたし自身が普段から気遣っている事です。もうすぐ冬になりますが汗とバトルすることになりそうですね。


コメントは受け付けていません。