費用を掛けるより時間を掛けた美容が性に合っている

美容というと大抵の場合化粧品や紫外線予防、エステや栄養補助サプリなんかをイメージする方が殆どでしょう。当然あたし自身も化粧品はちゃんと選んでいますが、予算は低めに設定しているので、だいたい2000円以内で買える美容ローションのなかで肌質にあった物を購入するようにしています。栄養補給剤はマルチビタミン剤を一日一粒口にしているだけです。多分私は費用を掛けるより時間を掛けた美容が性に合っているのです。それは体を鍛えることです。近所のスポーツジムのメンバーになっていますが、二日に一回、気分によっては連日、仕事帰りの夕方にスポーツジムに訪れて、1時間30分程度マシントレーニングを行い30分以上はマシンでランニングするようにしています。適度な発汗はやっぱりいいストレス発散になります。それと汗とともに体の毒素も出てくれる気がするので、運動したあとのスキンコンディションが恐らく一番ツヤツヤしていると思います。矢張り全身的なトレーニングをして体の各働きを活発化させることにより、皮フも健康的になるのではと考えています。おそらくスポーツクラブの会員に使っている費用を考えると、高級化粧品を利用していてジムに通っていない人と何だかんだ言って同程度の費用だと思います。でもあたしは健康的な身体と美肌をともに維持出来る全身運動の方にお金を使うことが今は最善だと思っています。いつも、自宅で食事を作り食べ、簡単な運動をして、夜は早く寝て朝は早起きという食生活を送っていますが、夏の長期休暇になるとこども達に合わせて、旅行に出かけたり外食する事が多くなってしまいます。そんな食生活が続くと、腸の中の環境が変わるので、便通が悪くなったりして、毎日行っている健康にいい食生活が出来ていない、と思います。確かに、外食だと、メニューに困ることは無いし、買い物の必要もない、片付けもしなくていいなど、全て人任せでご飯が出来て食べられるのは嬉しいですよね。それでも、そういった食事が多くなると自分の料理の方がおいしく思えるのです。メニューを考える事や、作ったりする事が好きだからだと思いますが。昔は、外食が続いても苦痛に感じたことは無いのですが、段々歳を取ると、外食した時の油分・塩分などが気になるのです。ここ最近は、自分のからだは自分で守るものだと思っているので、塩分控えめ、野菜たっぷりの食事、規則正しい生活を目指した食生活が出来るように頑張っています。ヘルスケアに心を配ることは、全てが美容法に通じます。「健康」を保つために、食事は確実に一日三食とります。それに、忘れずに野菜から食べるようにしたり、ゴハン前に「炭酸水」をのんで便通をよくしたりしています。それから、食事以外は極力避けています。甘い物の過食、ことに、チョコレートを食べすぎると、「吹き出物」や皮膚の荒れの元になります。そして、睡眠にも配慮しています。最悪でも6時間は眠りますが、極力7時間以上の睡眠時間をとります。眠りにつく時間にも気を配っています。11:00pmには眠りにつくようにしています。午後11時よりあとに寝ると、肌トラブルを招くからです。また、紫外線の多い時期には、出歩く場合はかならず汗をふくためのハンドタオルをもって出掛けます。多少でも汗をかいたと思ったら即刻汗をふきます。ぬぐわずに放っておくと、「汗疹」となり、そこから肌荒れにもつながるのです。これらの日々の習慣を保つために有益なのは体を動かすことです。一日三十分でも発汗できるエクササイズをやることで、食欲も促されますし、睡眠にもいい影響を与えます。美しい容姿作りって聞くと何をどうすればいいか迷ってしまいますが、「健康」と考えることでアクションを起こしやすく、美しい容姿づくりへの道となります。


コメントは受け付けていません。