美容の事で気を配っているのは睡眠時間を確保すること

簡単な事ですが、美容の事で気を配っているのは寝る時間をしっかりととる事です。三十路までは、高いスキンケアを取りそろえて使ってみたりいろんなやり方をしました。けれども、予想を上回る肌への効き目は実感できていません。ライフスタイルも変化し、30半ばになると仕事・家事・子育てに追われて、友人との付き合いや自分の趣味などもスキマ時間を見つけては満喫してきました。結果的に夜遅くに寝るようになって疲労回復できないまま朝になってしまいます。次第に、お肌ばかりか、指の皮も剥けて、乾燥するようになってしまったのです。皮膚科に行って塗り薬が必要不可欠になったのです。六ヶ月以上そのような生活を送っていたのですが、ある時二日で症状がなくなったのです。それは、お肌の時間と言われているPM10~AM12の間に、睡眠をしっかりとると美肌になるとテレビ番組で見たのです。睡眠中の細胞の修復は、お肌の回復が一番最後にされるようで、眠る時は体温を下げなくてはならないみたいです。どういう事かというと、入浴した後一時間後のほてりが冷めたくらいでベッドに行って、布団の中ではブルーライトが与える脳への刺激を避けるためスマホはいじらないようにしています。これまでの間手放せなかった薬を使わなくてもいいくらい、肌のくすみがなくなり、指の皮もキレイになりました。睡眠というのは誰もがする事です。でも、寝不足は美容面でも健康面でもよくないことなのだと感じました。このところ、肌の乾燥に悩んでいます。前はニキビなど全くなくスキントラブルは全然なかったのですが20代後半から赤いブツブツとシミが出来るようになりました。ひと月に2度はエステティックに通い美顔術を施してもらっているのですがそれでも防げていません。仕事や外出時は忘れずにUVカットのクリームを塗り広げていますが近ごろ防ぎきれなくなってきました。日焼け防止策としてつば広帽子やUVカットマスクなどつけて防いでいますがそれ程有効性が感じられません。やっぱり困っているのは保湿力の低下かな。今みたいな季節はやむを得ないのでしょうが私の場合乾燥が異常です。乾燥肌の人は肌バリア機能が働き過ぎてアブラが過剰に分泌されそれにより大人ニキビがあらわれる事になるようです。スキンケアアイテムはドライスキン用の商品を利用し、ナチュラル系の物を探しています。このところはナノケアをゲットしたので入浴後には毎日浴びています。その甲斐あってか多少保湿されるようになってきたかな。この先も毎日浴びて出来るだけ乾燥防止になることを期待しています。先ずは紫外線から肌を守ること!を肝に銘じています。基本的に肌が白いけれどそんな私も近ごろの暑いシーズンは日差しが強くて不安を煽られるので日やけ止め商品は必須です。屋内でも紫外線被害があるっていうし、つかの間外に出るだけでもダメージを受けるらしい。ですから朝はいつもメーキャップをしたらサンスクリーン剤を塗ります。1回ではダメなので繰り返し塗っていきます。ベランダに出る時もUVカット機能のあるパーカーを着用しています。率直に言うと猛暑だと長袖なんか着ないで出掛けたいのですが、1回の外出でも紫外線ダメージをくらうのは困るのでやむを得ません。あとはお風呂に入った時に絶対に「サンスクリーン」用のクレンジング剤を使うこと。親友の話では日焼け止めは使用していてもこれをちゃんと取れる品は使用していないっていう方が沢山いるとのこと(日焼け止めすら塗ってないっていう方がいることに驚きだったけど)バスタイムが終了したら保湿効果のあるクリーム状の保湿剤をつけます。安物のクリームだけど塗らないより全然いいと思います。


コメントは受け付けていません。