歯並びを良くするために矯正を受けようと思っても時間が取れないことが多い

歯科医院でホワイトニングの施術を受けてから、自分での手入れはどのように行うのかという点には気が向く人も多いですよね。歯科治療に関しては、ホワイトニングだけではなく、他の美容目的の施術、例えば歯列矯正などでも、繰り返し受診することが必要です。その日の内に効果が得られるのがオフィスホワイトニングですが、それでおしまいとするのではなく、歯医者さんに言われる通りの頻度で歯科に通い、診察を受けることを推奨します。忙しい日常においては、歯並びを良くするために矯正を受けようと思っても頻繁に歯医者に通う必要があるのか、身構えてしまいますよね。矯正の治療が始まると週1回ペースで通院が必要になることもありますが、そんな余裕が無いという話も良く聞きます。多くの矯正治療においては歯に器具を付けて歯並びを整えていくのですが、それ以降の通院では器具異常のチェックや、口内の清潔さが大事だそうです。日々口内の手入れをし、綺麗にしている方ほど歯医者に行く回数を少なくすることもできるでしょう。今まではワイヤーを用いた歯科矯正が普通で、この場合はたとえ透明なワイヤーによる方法でも、一目見れば分かってしまうという問題が常にありました。しかし、現在では、ワイヤーのかわりに透明なマウスピースを被せる方法ができたので、誰にも知られず進められる治療法が現実のもとのなったのです。しかも、マウスピースなら自由に取り外せるので、従来の方法と比べると遥かに衛生的であり、マウスピース型の矯正を利用する方はますます増える可能性が高いといえるでしょう。白くなった歯がまたすぐ汚れてしまった、などの失敗談もホワイトニングに関してはたまに聞かれます。生活習慣や健康状態によりますが、数か月もすればまた黄ばんでしまうのです。一番確実な方法は審美歯科で治療してもらうことですが、利用するホワイトニングの手法に加え、いつまで白い歯でいられるのかなどを確認して、施術を開始してもらうべきでしょう。また、歯並びを気にしていて、歯科矯正を受けたいという場合は、いずれにも長けた歯科を選ぶべきです。歯並びを正しく整えるのに用いられる歯列矯正とは、歯に器具で外圧を加え、ゆっくり時間をかけて、歯並びを治していくものです。もちろん治療ですから、無理のない範囲で行っているのですが、瞬間的に生じる痛みや、持続的な痛みに悩まされる方も多いです。慣れればどうということはありませんが、いつまで経っても痛い場合は、少しでも早い内に歯科医師に訴え、必要な処置をしてもらいましょう。歯科医療の技術が進んでいる諸外国での歯科矯正は、国内より安価なのではないかと思われますが、よくて日本と同じくらい、むしろより高い場合の方が多いようです。例えば、医療先進国といわれるアメリカですが、歯科矯正は概ね5
000ドルが相場とされ、保険も効かない場合が多いです。もちろん、何か月も何年も通わなければならないのは日本でも外国でも同じです。その間、足しげく歯科医院に通い、口内に異常がないかチェックしたり、器具の位置を調整したりする必要があります。そうなると、外国では制度や言葉の問題もありますから、慣れ親しんだ日本で受けるのが最良だと思います。よく、歯科矯正で口内炎ができるという話を聞きます。特に、矯正の最初の内は、矯正に伴って口内炎になってしまう方がいるようです。ワイヤーやブラケットが口内の粘膜を傷付け、口内炎になります。歯科矯正に付き物の痛みと言われています。専用の薬やワックスも歯科で扱っているので、聞いてみましょう。また、日頃の歯磨きなどの口内ケアも口内炎を遠ざけるのに重要な役割を果たします。基本的には便利なホワイトニングですが、その失敗例としては、綺麗な白い色が出なかったり、場所ごとに色むらが生じる可能性もあります。口内の状況によってはホワイトニングの効果が出にくいなど、原因も多種多様です。でも、心配は不要です。多少時間はかかりますが、歯科と相談して、繰り返しホワイトニングを行っていけば大丈夫です。他の歯科治療と同じように、歯が白く染まるかどうかも人によって異なります。最近では歯列矯正も便利になってきましたが、施術にあたり、事前に抜歯を済ませてからでないと矯正できないこともあります。歯並びの乱れの程度によっては、矯正しようにも、別の歯が突っかかってしまって上手くいかない場合もあり、抜歯はそれを見据えた処置ということです。こうした状態では、歯を抜かずに矯正を進めようとしても、歯同士が押し合って、歯列の拡大を招いてしまい、歯並びが良くなるかわりに顔の形が不細工になって本末転倒です。以前、歯科矯正で体調を崩したので、矯正の中断を余儀なくされました。歯並びがひどくてコンプレックスでしたから、矯正で綺麗になることを期待していただけに、がっかりしましたし、悔しかったです。歯並びを良くする別の方法を教えてほしいと質問しても、矯正と同等の効果が望めるやり方は無いということで、残念でした。歯科矯正は誰でもできるものだと思っていたので、歯並びによっては向かない場合があるというのは、全く知りませんでした。


コメントは受け付けていません。