日々のシャンプーの仕方を改めることが抜け毛対策につながる

一人で面倒なことなくできる抜け毛対策は、日々のシャンプーの仕方を改めることです。

体を充分にしっかりと温め、シャンプーするのは頭の毛穴が充分に開いてから実施すること、シャンプー以前にお湯洗いで入念に頭皮の皮脂を落としてしまうこと、いざ洗髪するときには爪を立てたりせずに頭皮を傷つけないようにやさしく洗うのがコツです。

これらのことは抜け毛を防止することになるだけではなく、治療で育毛していく際にも並行して行うことが重要です。

頭皮や毛根周囲の血液の流れを良くすることと同じで、頭皮などのリンパ液を上手く流れさせることが育毛効果を高める秘訣になります。

リンパの流れによって不要物は身体の外へ出され、抵抗力をつける機能を持っています。

リンパ液と血液の循環が良好になってはじめて頭皮や毛根に充分に栄養が行き渡るようになります。

全身、特に首や頭部のリンパマッサージをすることによって、循環が悪くなったリンパ液の流れを回復することができます。

よくメントール入りのシャンプーを見かけますが、これに入っているのはペパーミントのことで、育毛効果を持っているハーブの一種です。

このペパーミントオイルを使用したマウスの動物実験で育毛効果が一定量あることがわかりました。

育毛効果が実証されたからといって、実際にオイルを頭皮に塗ってしまったらその刺激の方が強いために逆効果を及ぼしますから、興味本位でやってみてはいけませんよ。

ハーブティーとして摂るならば、AGA(男性型脱毛症)発症のメカニズムのカギを握る酵素の働きを阻害してくれるハーブだといわれているローズマリーのお茶が一番良いです。

現時点で、育毛治療薬として厚生労働省から許可が下りている薬は、ミノキシジルとプロペシアの2種類のみです。

プロペシアの方は内服薬として、ミノキシジルの方は外用薬として売られています。

ミノキシジルには内服して使うタイプのものもあるにはあるのですが、現在日本ではまだ薄毛治療薬として認可されていないので、何としても入手したい場合には個人輸入が基本手段でしょう。

最近よく見かけるノンシリコンシャンプーは髪に優しいイメージがあります。

でも、直接的に髪の毛に作用しているのはシリコンそのものではないのが事実です。

洗浄成分として配合されたものが強力なシャンプーはそれが持つ強さゆえに髪の毛がガサガサになりやすいのです。

そこで、それをコーティングして滑らかにするのに仕方なくシリコンを使っているのが本当のところです。

育毛するためにはシリコンが入っているかノンシリコンかによって選択するのではなくて、シャンプーに使われている洗浄成分に注意することが大切であると言えるでしょう。

人は成長ホルモンを分泌しながら眠ります。

文字通り、これは様々な身体の部分が発育することを促進したり、あるいは修復を行う働きをするホルモンです。

身体の一部分として髪も数えられますから、成長ホルモンが分泌されることは育毛のためにも鍵となります。

最も成長ホルモンの分泌が活発になるのが通称ゴールデンタイムと呼ばれる22時から翌2時です。

この時間帯には眠りに入っていられるような生活リズムが最適です。

ダイエットと同じで、育毛でも停滞期に入る瞬間は必ずやってきます。

髪の一生とも言えるヘアサイクルは成長期、停滞期、退行期の3つがあり、停滞期は半年という長さに達することもあります。

変化が感じられない停滞期にはつい憂慮してしまうでしょうが、退行期がその後に過ぎ去れば新しい髪が生えてくるのは治療成分の浸透した毛根です。

その時になって初めて実を結んでくるわけですから、辛抱強くそれを待つ事が重要でしょう。

現在生えている髪の毛を健やかに育てていくのが育毛で、髪の毛を作る毛母細胞の働きを活性化させて髪の毛がない毛穴から再度髪の毛が生えるようにするのを発毛といいます。

養毛というのは育毛に近い意味合いで使う言葉であり、現在頭皮に生えている髪をそのままの状態で維持する為のケアをいう時に使う言葉です。

養毛や発毛、育毛は言葉自体はあまり変わらないものの、これらのアプローチ方法や原因は異なりますから、自分の今の症状にふさわしい治療方法を適切に選んでいくことがとても大切になってくるでしょう。

グレープシードオイルは、ブドウの種の中から抽出されますが、抗酸化作用に優れていることで知られています。

この抗酸化作用によって活性酸素を抑えることが可能です。

活性酸素は毛母細胞のはたらきを阻害してしまいます。

活性酸素を抑制することに加えて、グレープシードオイル中に含まれるオレイン酸が頭皮に不足した油分を補ってくれるので、育毛にはとても効果があるオイルといえるでしょう。

グレープシードオイルで頭皮マッサージを行ったり、料理に使って食べてしまうのも良いですし、サプリとして内服することでも効果が出るでしょう。

どんなふうな格好で寝ているかも、育毛に関連するのです。

どのような姿で眠るかによっても血の巡り方が変わってしまうからです。

血液の循環を安定的に保つ為に自然に行うのが寝返りであるため、寝返りが自然にすぐ出来るように枕は高くないものを選択するのが理にかなっています。

それから体内の臓器などが窮屈に圧迫されぬよう、睡眠中は仰向けを意識したり、横向きの方がリラックスして眠れるのならば右向きでもOKです。


コメントは受け付けていません。